ハドリアヌスの長城

英国の世界遺産のひとつ 全行程は118km

歴史小説家サトクリフの小説『第九軍団のワシ』にも出てくるハドリアヌスの長城。イングランド北部とスコットランドの境界近くにあり世界遺産に指定されています。ニューカッソルからカーライルまで118kmもあるそうでウォール沿いに1日40kmぐらいずつ何日間かかけて歩く方々もおられると聞きます。

私たちも同じ野望をいだいては何度か訪れてるのですが、この日もおそろしいほどの悪天候になり途中断念。自然の厳しさを身にしみて感じます。映画にも映し出されるスコットランドの自然は何千とも言われる氷河地形の山、谷、湖。美しいですが険しく荒々しく映画の風景そのものです。物語の中で金のワシを探しに行く二人の姿は本当に勇ましくあり、なんと恐ろしい歴史を経てきたものかと驚かされます。

scotland2scotland