スコットランドで青汁で有名なケール:旬野菜

ここスコットランドはハイランドケールなど地元で取れるケールがいくつかある。今回もファームから購入。スーパーで見かけるのはカーリーケールで、葉っぱがちりちりとカールしているもの。いずれも栄養豊富で、食物繊維も抜群。味も独特かもしれないけど我が家はみんな大好きです。食べ方としては小さく切ってたっぷりの油で炒めるのが一番。油との相性がとってもよく香ばしさも楽しめます。うちはよくパスタにします。今日はブームにのって食べるラー油に入れました。もちろん、揚げ炒めしてからね。(基本のレシピはコチラに今日はケールをたっぷり入れたわけです。)

Advertisements

海外でも食べるラー油レシピ簡単

日本ではだいぶブーム。

  • ニンニク    1個スライスして油で揚げる
  • タマネギ    1個スライスして油で揚げる
  • ショウガ    一片をみじん切り
  • ネギ      3本小口切り
  • 赤唐辛子   1本小口切り  ショウガとネギ、赤唐辛子は油で一緒に炒める
  • パインシード 
  • ピーナッツ  
  • クルミ     
  • ゴマ       このシード類は(大さじ1ずつ程)フライパンで煎り、少々砕く
  • ごま油
  • 一味唐辛子
  • 塩        最後に上の全部をフライパンに入れて火を通す。
  • 醤油        冷めたら醤油を少々足して味を整える。

e9a39fe381b9e3828be383a9e383bce6b2b91今回の材料はこんな感じですが、結構何でもあるものを入れます。シード類はパンに使うものなどを適当に入れますし(軽く煎るのが大事)、ヨーロッパにお住まいでしたら簡単に手に入るパンチェッタとかいれるとコクがでます。みじん切りにしたパースニップやセラリアックを揚げたものを入れてもおいしい。ラー油を食べるなんて勉強になりました。