英国歴代君主を歌で覚える

私でも聞いてるうちになんだかわかってきたぞ…

日本人は九九を歌にして覚えたり元素記号もスイヘリーベーボクノフネと覚えましたが、イギリス生まれの我が子は英国歴代の君主をこれで覚えました。サビの部分です。小学生に人気のHorrible Histories他にも何曲もあって子供に歴史を学んでもらおうといい感じです。ずっと前のブログに載せたのですが再度覚書きということで。

William, William, Henry, Stephen, Henry, Richard, John, oi! Henry, Ed, Ed, Ed, Rich two, Then three more Henrys join our song! Edward, Edward, Rich the third, Henry, Henry, Ed again  Mary one, good Queen Bess, Jimmy, Charles and Charles and then Jim, Will, Mary, Anne Gloria, George, George, George, George, Will, Victoria! Edward, George, Edward, George six, And Queen Liz two completes the mix! That’s all the English kings and queens Since William first that there have been! (lyrics)
ブログランキング・にほんブログ村へ

Sunshine on Leath

スコットランドが懐かしくなる映画

Sunshine on Leathはミュージカルでご存じの方も多いでしょうしThe Proclaimersの歌で知らない人はいないかもしれません。スコットランドだとホグマニーなどでもよく聞きますし、子どもたちも口ずさんだり踊れたり。この映画はエディンバラを舞台に話が進み、地名も通りもパブもカフェもどこかわかるぐらいです。スコティッシュ訛りもしっかり聞かせてくれます。ストーリーも心温まる内容でほっとします。

Robert Burns Day

1月25日はロバート・バーンズデー

1c7fc-3スコットランドがとても大事にしてる日。有名な詩人や作家の生まれた村や家に行く。書かれた本の原本を見て書かれた場所に立ち思いをめぐらす。詩人ロバート・バーンズもスコットランドの誇り。多くの人がロバート・バーンズの詩を歌で覚えています。A Red, Red Rose (1794)我が恋人は紅き薔薇を彼女の歌声で聞いてみるのもいい。

d2b95-2
痩せた地で農業を営む様子 宮沢賢治と重なる
3339d-o
物語りのような詩タム・オ・シャンターの絵
d6dae-4
物語でタムが馬メグと命からがら渡った橋 ブリガドゥーン橋(Brig o’Doon) at アロウェイ(Alloway)

ダンフリース(Dumfries)の町にはバーンズが晩年を過ごした家、バーンズのお墓がある。バーンズハウス前のローズガーデンにある絵。ロバート・バーンズゆかりの土地や博物館はいくつもりますが、どれもおすすめです。生まれた家も、晩年を過ごした家のどちらも博物館、タム・オ・シャンターミュージアムでは書かれた本も目にすることができます。ここには今も詩の中に書かれた教会や橋があって、詩は1700年代のものなのにそんなに昔のようには思えない。今も共感できる不思議な驚きがあります。

『この橋で逃げることができたけど、馬のシッポが魔女にとられるんだよ』 と話してくれる子ども。晩年を過ごした家の前のローズガーデンでは『綺麗な歌だよ』とローズの歌を歌ってくれました。

Brave 『メリダとおそろしの森』

スコットランドが舞台のおはなし

スコットランドの風景とか音楽、スコティッシュアクセントなど伝わるかな。親の心子知らず、子の心親知らず。ひさびさにディズニー映画を見にいきましたがスコットランドびいきもあって満足でした。スコットランドは大変魅力的な場所です。

サトクリフ映画『第九軍団のワシ』

お気に入り映画トップ10のひとつです

イギリスの歴史小説家でありファンタジー小説家のローズマリー・サトクリフ。アーサー王シリーズで有名ですよね。本だけでなく映画化もされて『第九軍団のワシ』ではチャニング・テイタムが主人公を演じています。映画の中でスコットランドの地が出てきますが、ほんとうに話も映画もすばらしいのです。

イギリスの作家ロアルド・ダール

この映画は子どもと大笑いできる

 

2009年の映画「ファンタスティック・Mr.FOX(すばらしき父さん狐)」 ロアルド・ダーRoald Dahlはイギリスの作家(1916~1990年)。先日は仕事場でもロダールの話になって30代の大人たちがこぞって子どもの頃読んだよ~映画見たよ~って盛り上がった。それぐらい昔から有名で小学生のわが子もほぼ読破しています。これなんかは80年代に出版された古いもの。チャーリーとチョコレート工場も映画で有名になりました。